【アドセンス】クリック単価とクリック率とは?


 

Googleアドセンスで広告のクリック報酬を発生させることでお金を稼ぐことに慣れてくると、アドセンスの管理ページにある各項目が何なのか気になってくると思います。

そこでここでは中でもアドセンスで稼ぐ上での押さえておいたほうがよい3つの項目について解説します。

その3つとは「CTR」「CPC」「RPM」です。

これらの数値をチェックすることで、より収益率を高めるためのサイト最適化のヒントになります。

 

1.CTR(クリック率)

「CTR」とは、広告のクリック率です。

広告表示回数を広告のクリック回数で割ったものです。

なので、クリック率が1%であれば、おおよそ100回広告が表示されて、そのうちの1回広告がクリックされたということになります。

このクリック率ですが、普通のサイトだと、大体平均0.2%~1%くらいです。

 

クリック率が1%あるとかなり高い部類です。

ただ、これはあくまで平均で、サイトのジャンルやコンテンツ次第で上下します。

例えば、ポータルサイトなどのクリック率は、0.2%以下だったりしてかなり低いです。

おそらく、ポータルサイトのユーザー層は、リピーターが多いので、そのため広告には目が行かず(広告が背景と化している)、クリック率が下がる傾向にあると思われます。

逆に専門職の強いサイトだとクリック率が2%近くにまで上昇する事もあります。

これは、サイト全体のテーマが固定されているため、アドセンスのコンテンツにマッチした広告が効率よく表示されるためだと考えられます。

1日1000PVでクリック率1%のサイトも、1日2000PVでクリック率0.5%のサイトも、クリック回数は同じ100回です。

なので、クリック率を上げるには専門職の強いサイト作ることがおすすめです。

基本的にはPVを増やすことが有効ですが、どうしてもPVを増やせない場合は、コンテンツを見直してクリック率を改善してみるのも1つの手段です。

 

また、クリックされやすい位置に配置することでCTRを高めることも可能です。

2.広告がクリックされやすい位置とは?

広告がクリックされやすいということは訪問者がその広告を目で見て脳内で広告文を読むくらいでないといけません。

基本的に検索から来たユーザーは記事を読みますので記事内に広告があれば嫌でも目に入ります。

それに比べサイドバーは視界には入っていても脳が認識していなかったりそもそもサイドバーを見ないこともあり得ます。

ヘッダーとかもトップページでなければあまり意味がないような気がします。

今はPCよりもスマホでの閲覧を考慮してアドセンスを配置するのがいいです。

ユーザー目線でどの位置にあるとクリックがされやすいのか?広告を読んでもらえるのか?

そういったことを考えるのがとても重要になってきます。




3.CPC(クリック単価)

「CPC」とはクリック単価のことです。

広告が1回クリックされるあたりで発生する金額です。

当然ここの数字が高ければ高いほど広告収入の額が大きくなります。

CPCが高い広告の例としては金融系や転職系でしょうか。

 

しかし、これは入札している広告主によって変わるので一概に平均的なものはないです。

増えたり減ったりと常に変動するので、ここの数字をみて一喜一憂してはいけないです。

 

ただ、クリック単価が比較的高い広告サイズというものはあるので、それらのサイズの広告を積極的に設置するといいです。

広告タイプにはテキストとイメージの2つがあります。

テキストのみ、イメージのみ、テキストとイメージの混合という3つから選べますが、正直どれもそこまで差がないように感じました。

確かにイメージのほうが広告単価はテキストに比べて高いですが、テキストの方がクリック率が高かったりするなどして、結局あまり変わらないかなぁという結論です。

であれば、テキストとイメージの混合が1番バランスがよさそうです。




4.RPM(1000回表示あたりの収益)

「RPM」とは表示回数1000回あたりの見積もり収益額のことです。

1000回表示あたりの金額ということで、目安のようなものですね。

よく、サイトの表示回数と勘違いされますがその場合はページビューとグーグルさんはおっしゃっています。

ちなみにこのように書かれています。

 

表示回数は、広告リクエストに対して実際に広告が配信された回数です。

このページRPMなのですがこれはつまり、広告が1000回表示されるとどれくらいの収益になるのかという目安を表したものです。

 

計算方法:インプレッション収益 =(見積もり収益額/ページビュー数)×1000

 

これを高めればサイトの収益が上がるわけです。

例えば、期間指定してデータを参照して、この月はRPMが低かったな的にチェックしたりします。

RPMはCTRとCPCに依存します。

ページRPMの平均はだいたい、200~300と言われています。

しかし、サイトのジャンルによってかなり差があります。

あるジャンルではRPMは900とかまたあるジャンルでは100とかおおよそのサイトが200~300だと思っていいです。

 

 

 

5.ページRPMを上げるには?

RPMを上げる方法で簡単なのはクリックされなさそうな広告をブロックしていくことです。

CPCとCTRからRPMが変化してきますのでまずはその設定をして様子を見てみましょう。

手順はこのようにします。

 

 

 

 

Step1:アドセンス管理画面を開く

管理画面を開いたら「広告の許可とブロック」という箇所をクリックしてください。

 

Step2:いらないカテゴリーを探す

広告の表示割合と広告の収益額の割合を照らし合わせて表示されている割合が多いのに収益額が低いカテゴリーを探してください。

 

Step3:広告をブロック

あまりにも違いすぎるものがあればそのカテゴリーの広告が表示されないようにブロックします。

ちなみにカテゴリーはさらに細分化することができます。

 

Step4:14日くらい様子を見る

2週間くらい様子を見てください。

それで実際にサイトページビューなども考慮して良くなればそのままで逆に悪くなれば戻しましょう。

 

Step5:2~4を繰り返す

あとはサイトの状況と照らし合わせて検証を重ねていけばOKです。




6.まとめ

アドセンスは単にサイトにブログを設置するだけではなく、これらの数値をチェックして、常にサイトの状態を把握して、それに応じて最適化をはかることで収益を増やすことができます。

せっかくGoogleより細かなデータが提供されているので、これらの数値をしっかりと活用して効果的なサイト運営を心がけたいですね。

 

アフィリエイトの最新記事8件