YMYLとE-A-Tについて

 

YMYLとE-A-Tについて、SEOで重要なのはわかるけど、今一つよくわかっていない。

何となくの理解で終わってた。または全く理解していない、初めて聞いた。

と言った方に、YMYLとE-A-Tを簡単に説明し、SEOでどう攻略していくかを書きました。

 

 

YMYLとは?

YMYLとはコンテンツのジャンルを指していて、
「あなたのお金に影響するもの」と「あなたの幸福、健康、安全性に影響するもの」全般を表します。

もう少し具体的に説明します。

YMYLはYour Money, Your Lifeの略で、Googleが検索品質評価ガイドラインとして定める『General Guidelines』に登場します。

↓Googleの『General Guidelines』。

この中で、YMYLの定義は以下の通り。

Some types of pages could potentially impact the future happiness, health, financial stability, or safety of users. We call such pages “Your Money or Your Life” pages, or YMYL.

 

和訳(意訳含む)すると、

「ある分野の記事はあなたの将来の幸せや、健康面、経済面の安定性、または安全性に影響するかも知れません。Googleはその様な記事を「YMYL(あなたのお金や人生)」と称しています。」

と言った感じでしょうか。

 

これを現状に当てはめて言い換えると、

「あなたが多額のお金を使う可能性のある分野や、あなたの人生を大きく変えてしまいかねない分野」となり、そのようなデリケートな分野全般を指していると言う事になります。

具体的には「あなたのお金」分野=EC、銀行、保険、クレジットカード、キャッシュカード、証券やFXなどの投資関連、不動産、税金と言った、客単価が高かったり、大きなお金が動く可能性のある分野が主に該当します。

 

もう一つ「あなたの幸せ、健康、安全性」については少し解釈が広く、主に美容全般やサプリ系、薬や精神の健康、病気、栄養などの医療全般、さらに離婚や裁判、遺言などの法的サービスと言った辺りが該当すると考えられます。

その他行政や政治、災害情報などなども含む可能性があると『General Guidelines』では説明されています。

 

これらを乱暴にひとまとめにしてしまうと、

YMYL = 人の人生やお金に影響を与えかねないデリケートな分野全般と言う事が言えます。




YMYL領域のSEOは今後ますます厳しくなる

現在YMYL分野でのジャンルのキーワードの検索結果では、企業や行政、教育機関などの公共機関の優遇がえげつないです。

多くのSEOアフィリエイターには既知となりますが、企業サービスの公式サイト、行政のサイト、公共機関のサイト(企業ドメインや、 ***.or.jp や ***.ac.jp など)が、年々、大規模アップデートが起こるたびに上位を独占したりします。

例えば10年前に比べ、どのようなワードを検索してもWikipediaが検索上位に来ることが増えました。

昔から1~2ページ目をうろうろしてはいましたが、最近はより顕著です。これだと個人のアフィリエイターやブロガーが勝つのはとても厳しい状態です。

ただこれはこれで、Googleの検索結果全体で見れば、より公共性が増すと言う事にはなります。

検索ユーザーとしてもYMYLの様なデリケートなジャンルでは、身元不明のアフィリエイトサイトより、公共機関など出自の明らかなサイトの記事の方が、E-A-T(専門性、権威性、信頼性)の高いサイトの方が、幾分かは安心材料として機能する事でしょう。

では、YMYL領域で重視されるE-A-Tについて、どう攻略すべきなのか、次で書いていきます。




E-A-Tとは

E-A-Tとは、専門性/権威性/信頼性の総称で、Googleの造語です。

↓E-A-Tも『General Guidelines』で定義されて、何度も登場し、非常に重視されている様が伺い知れます。

 

和訳:ユーザーにとって有益なページは全て、専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthness)が非常に重要です。

E-A-T一つ一つについて、もう少し詳しく見ていきましょう。
恐らく多くの人がふわっとした理解で終わっているのではないでしょうか?

 

①専門性(Expertise)

文字通り、あなたの記事やサイト全体が、何かの専門性に特化しているかどうかを指します例えば政治についての記事をあげるとしましょう。

政治はYMYL領域と考えられます。その場合、雑記ブログの様にサイト全体でテーマが散らばっているサイトより、政治のオピニオンリーダーとして名を知られ、政治に特化して記事を書き、検索エンジンに高く評価されているサイトの方が、検索上位に食い込む可能性があります。

通常、政治関連のキーワードは政治関連の記事や速報を掲載してきた実績のあるメディア(主に新聞系など)が上位を占めます。

そこに個人が食い込む事はとても難しいのですが、政治についての専門性が高いとGoogleに認められている=Expertiseが高い状態だと、検索上位を取れる可能性があります。

なお政治はトレンド要素の強いジャンルでもあり、瞬間的に個人の記事が上位に来る事はままあります。

 

②権威性(Authoritativeness)

権威性とは、人から「正しい」とか「真実だ」と信じられている状態を指します。また人を従わせ、自信のある様を指します。

ケンブリッジ英英辞典から権威性を引用してみます。

showing that you are confident, in control, and expect to be respected and obeyed containing complete and accurate information, and therefore respected

和訳(意訳含む):

「自信があって、コントロールできて、尊敬され従ってくれる様子」
「完全で、正確な情報を持ち、それゆえ尊敬されている」

要はその分野で

「この人の言う事なら間違いない、正しい、だから私は従います」と多くの人に思わせる事を指しています。

多くのファンを抱える様ないわゆるブランド構築とは少し違い、人を盲目的に従わせるような、その分野で非常に高い地位を獲得した状態を指します。

Googleはこういった権威性の高い人物や団体のコンテンツをとても高く評価すると言う事です。

 

③信頼性(Trustworthness)

信頼性とは文字通り「多くの信頼を獲得している状態」を指します。

人から信頼されている状態をGoogleがどう判断しているかはブラックボックスではありますが、例えば行政や公共機関と個人アフィリエイターを比べた場合、どうしても前者の方を抵抗なく信頼する人が多いでしょう。

前者は自分達の情報も開示していますし、運用歴も数十年、数百年ある場合などもあります。
こう言った場合、Googleが信頼性を図るスコアは高くなる可能性があります。

 

 

E-A-Tを高める方法

じゃあE-A-Tってどう高めるのよ?自分のサイトに専門家として自己紹介書くだけじゃ駄目なの?

自分はセミナーや出版もしていて結構有名なはずなんだけど、どうすればいいの?

と思う方向けに、こんな事を呟きました。

まず「どうすれば良いのか」の結論として、

長期に渡り、専門家として、外部リンク、SNSのいいねやシェア、そしてサイテーション獲得を継続する

が包括的な回答になります。これはマーケティングで言うブランド構築とほとんど同じです。

ただし、『General Guidelines』にも書いてありますが、別に専門家と言うのは国家資格を持っていたり、何かのプロフェッショナルなどだけが該当する訳ではありません。

他にも趣味が高じて専門知識を多く持っている方などは、十分E-A-Tを向上させる事は可能です。

例えば料理、音楽、映画、ゲーム、筋トレなどなど…プロ並みの知見を持っていれば、E-A-Tを高めていく事は可能です。

余談ですが、こう言った事をSEO観点ではなく、ブランド構築から入ると言うのも回りまわってSEOに寄与すると考えられます(ブロガーさんで上手い人は自然とやってたりしますよね)。

 

簡単に自分のE-A-Tをウェブ上で推測する方法

以下の様な検索をしてみて下さい。

  1. 「site:自サイトドメイン」で検索する
  2. 「自分のサイト名」で検索する
  3. 「”自分の名前”」で検索する
  4. その際サジェスト、関連語に自分の名前やサイト名が出るか
  5. 「”自ドメイン”」で検索する
  6. 「あなたの専門分野名」であなたの名前がサジェストされるか見る
  7. 「あなたの専門分野名+あなたの名前」で検索する
  8. 「あなたの専門分野名+自サイトドメイン」で検索する
  9. 上記の検索を他のSNSでもしてみる
  10. 業界のトップの人達の名前やサイト名で、同じ検索をしてみる
  11. その差がどれだけ空いているかを確認する

 

 

著者の自己紹介を書いただけでは駄目なの?

これは想像の域を出ませんが、Googleはデータマイニング等でこれらのシグナルやテキスト等を「どんな属性の人達がどんな意味で何について言っているのか」ぐらいは解析しているでしょう。

そこから専門性/権威性/信頼性のスコアを産出、もしくは本質的に近しい分析をしていると思われます。 瞬間的なバズ等でE-A-T関連の指標を一時的に大量に獲得できても、E-A-Tが高い状態とはみなされない可能性が高いです。

E-A-Tは長期的に、関連性の高い人達から継続的に貰えなければE-A-Tが高い状態とはならないでしょう。

専門性、権威性、信頼性は瞬間的に構築されるものでは無いという事はご理解頂けると思います。




SNSで何度かバズっている人はE-A-Tが高いの?

従って、あなたの記事を見た人達が、E-A-Tを裏付けるシグナルを大量に発信し、さらにGoogleがその多くを認識できると言うプロセスを長期的に継続出来て初めて、E-A-Tが高い状態に近づくと言えます。

また他方では、自分のサイトに自己紹介を書いて専門家アピールをしたり、専門家としての記事を書き続けている人であっても、
Googleがこういったシグナルを拾えていないと、Googleの評価の土台に上がる事は難しいと考えられます。

ほとんど件数が出てこないなら、専門家としてのアウトプットが案外少ないのかも知れません。

 

 

まとめ

Important clarification. While I recommend beefing up your About and author pages this doesn’t make you a high E-A-T site. True E-A-T is hard to fake.

「About Us」ページや著者ページを強化することを推奨するけど、だからと言ってE-A-Tが高まると言う訳ではない。
E-A-Tは偽装して作れるものではないので。

 

海外のSEOクラスタでも実はE-A-T高めるために自分のサイトにページつくればOKなのか?と言う話題が同時期に見られていました。

結論は上の通りです。

 

やはり最終的には、自分が「何で思い出して貰いたいか?」を考え、そうなる様に行動していきましょう、と言う事になります。

 

 

 

 

SEOの最新記事8件