就職・転職・独立のすべてにオススメ!|中小企業診断士

中小企業診断士。

最近この名前をよく聞くようになった気がします。

中小企業診断士は経営コンサルタントの国家資格として、ビジネスに関する幅広い知識やスキルを身に付けることができます。

その需要は、社会を取り巻く環境が厳しさを増す中、スキルアップやキャリアアップを目指すビジネスパーソンの間で大きく高まっています。

 

 

中小企業診断士を目指すことで身につくスキル

①経営資源を横断的に見る力

中小企業診断士試験の学習をすることで、企業の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)に関わる知識が横断的に身に付きます。

キャリアアップを目指す、就職・転職する、独立開業する等、いずれの場合においても、経営資源について横断的視野で思考できる能力は、非常に大きな強みになります。

 

②ロジカルシンキングによる問題解決力や説得力

中小企業診断士試験の学習(特に2次試験対策)では、物事の本質をつかむために、論理的に考えて思考を整理し、その結論を相手に分かりやすく伝えるためのスキル「ロジカルシンキング」を多用します。

ロジカルシンキングのスキルを身に付けることで、日常のビジネス社会においても、また、人間関係においても、大きなメリットを享受できます。

 

 
そーすけ
なんで最近人気なの?
 
そーたろ
民間の会社で経験を積んでから独立をする人が多いみたい

 

中小企業診断士の資格取得後は、すぐ独立することも可能ですが、民間の会社で企業内診断士として経験を積んでから独立をする人が多いようです。

試験に合格したからといってすぐに取引先を獲得できるようなスキルを得たわけではありません。

但し、中小企業診断士協会から、公的機関からの依頼を紹介してもらうことができます。また、人脈を作っておけば他の中小企業診断士から案件を回してもらえることもあります。

初めのうちはそういった紹介案件をこなして実績を作っていくことになります。

仕事を選ばなければ、報酬は低いかもしれませんが仕事にありつくことができます。

 

 

中小企業診断士を受講するなら

LECやTAC、東京法経学院など大手の予備校は、当然のことながら充実した学習環境が整っています。

大手以外でオススメなのは下記2つです。

なお、正直このレベルの資格は宅建や簿記などとちがい、独学での合格は困難です。

ガッツリお金と時間をかけて大手予備校で勉強するか、もしくは独学をサポートしてくれるようなスクールやサービスの活用を検討しましょう。

関連記事:【資格取得】独学は大変

 

①価格で選ぶなら『診断士ゼミナール』

最大の売りは非常に価格が安いこと。

1次2次対策フルコース49,800円(税別)です。

この安さにもかかわらず講義内容の質・量は非常に充実しています。

 

講義では図やイラストを多用し、テキストはフルカラーで作成されています。

飽きることなく勉強できる工夫がされています。

また、安心なのが1年目で合格できなかった場合の「3年間延長制度(無料)」です。

2年目以降も映像講義を視聴できますし、質問を回数無制限で出来るなど、サービスがしっかりしています。

楽天リサーチ1位!中小企業診断士講座の診断士ゼミナール 1次2次フル講座42,000円~

②オンライン学習のメソッドを追求する『資格スクエア』

オンライン学習に特化した学習サービスです。

講義は合格に必要なものに絞り、合格への道筋を明確にすることを徹底しています。

他のスクールと比較して特徴的なのが、中小企業診断士試験の各科目の勉強を、それぞれに対応する検定試験の知識を積み重ねる形で学び、ステップアップ形式で1次試験の合格を目指す内容としていることです。

たとえば、企業経営理論の勉強は「経営学検定」を、財務・会計の勉強には「日商簿記検定」や「ビジネス会計検定」を活用するといった具合です。

合格者のビッグデータに乗れ!【資格スクエア】の学習システム!

 

おわりに

私は現在、宅建士や司法書士の資格を持っていますが、次に取得するとしたら中小企業診断士を選びます。

理由を簡潔に述べると、私が独立開業を検討しているということもありますが、①人脈の広げやすさ、②開業初期の実績のつくりやすさ、③様々な依頼に応じることができる間口の広さがこの資格にはあると思うからです。

 

キャリアアップや独立を検討している人はぜひ一度、受講を検討してみてください。




 

 
そーたろ
コンサル要素が強いので「AIに代替できない=無くならない仕事」と考えられているんだよ

 

AIの研究が進み、将来AIに奪われてしまう職業もあると言われる中で、経営コンサルの要素が強い中小企業診断士は無くならない職業とされています。

このことが新聞や経済誌等で取り上げられるようになってから、中小企業診断士という資格の評価が変わりました。

実際、企業では能力開発の一環として、診断士の資格取得を奨励・支援しているところも数多く見受けられます。

試験では経済知識、財務会計知識、経営理論などが問われるため、ビジネスマンに最も適した資格だとも言われています。

「仕事の能力向上に役立つ」「昇進・転職に役立つ」だけでなく、「独立に役立つ」などを理由に人気を集めています。




 

 

中小企業診断士をオススメする理由

①中小企業診断士を通じて ネットワークが広がる

中小企業診断士試験の受験生は多様な背景を持ち、学習の過程や合格後の活動によって人脈が大きく広がっていきます。

幅広いネットワークを活かして各分野の専門家や行政機関と企業を結びつける役割や、企業内において各部署・事業の間をつなぐ人材として活躍することが可能となります。

 

②将来の選択肢を自在に描くことができる

たとえば、以下の3つの進路を今後自由に選択できるようになります。

 

(1)現在の就職先に残る
ビジネススキルを身に付けた人材の育成のため、中小企業診断士の資格取得を奨励する企業が増えています。

 

(2)転職する
業種・職種、部門を問わず様々な分野で活躍でき、価値の高い人材として多くの企業から期待されます。
たとえばコンサルティング業界でも活躍できる可能性が十分にあります。
自身の適性や興味と合ったコンサルティング会社で経験を積むことで、さらなるステップアップが図れます。

 

(3)独立開業・週末起業
知識を習得し、人脈を広げることで将来的に独立開業の道も拓けます。
講演や執筆等の活動で週末起業し、少しずつ独立に向けた経験を積む方もいます。

 

 
そーすけ
独立したらすぐに活躍できる?
 
そーたろ
民間の会社で経験を積んでから独立をする人が多いみたい

 

中小企業診断士の資格取得後は、すぐ独立することも可能ですが、民間の会社で企業内診断士として経験を積んでから独立をする人が多いようです。

試験に合格したからといってすぐに取引先を獲得できるようなスキルを得たわけではありません。

但し、中小企業診断士協会から、公的機関からの依頼を紹介してもらうことができます。また、人脈を作っておけば他の中小企業診断士から案件を回してもらえることもあります。

初めのうちはそういった紹介案件をこなして実績を作っていくことになります。

仕事を選ばなければ、報酬は低いかもしれませんが仕事にありつくことができます。

 

 

中小企業診断士を受講するなら

LECやTAC、東京法経学院など大手の予備校は、当然のことながら充実した学習環境が整っています。

大手以外でオススメなのは下記2つです。

なお、正直このレベルの資格は宅建や簿記などとちがい、独学での合格は困難です。

ガッツリお金と時間をかけて大手予備校で勉強するか、もしくは独学をサポートしてくれるようなスクールやサービスの活用を検討しましょう。

関連記事:【資格取得】独学は大変

 

①価格で選ぶなら『診断士ゼミナール』

最大の売りは非常に価格が安いこと。

1次2次対策フルコース49,800円(税別)です。

この安さにもかかわらず講義内容の質・量は非常に充実しています。

 

講義では図やイラストを多用し、テキストはフルカラーで作成されています。

飽きることなく勉強できる工夫がされています。

また、安心なのが1年目で合格できなかった場合の「3年間延長制度(無料)」です。

2年目以降も映像講義を視聴できますし、質問を回数無制限で出来るなど、サービスがしっかりしています。

楽天リサーチ1位!中小企業診断士講座の診断士ゼミナール 1次2次フル講座42,000円~

②オンライン学習のメソッドを追求する『資格スクエア』

オンライン学習に特化した学習サービスです。

講義は合格に必要なものに絞り、合格への道筋を明確にすることを徹底しています。

他のスクールと比較して特徴的なのが、中小企業診断士試験の各科目の勉強を、それぞれに対応する検定試験の知識を積み重ねる形で学び、ステップアップ形式で1次試験の合格を目指す内容としていることです。

たとえば、企業経営理論の勉強は「経営学検定」を、財務・会計の勉強には「日商簿記検定」や「ビジネス会計検定」を活用するといった具合です。

合格者のビッグデータに乗れ!【資格スクエア】の学習システム!

 

おわりに

私は現在、宅建士や司法書士の資格を持っていますが、次に取得するとしたら中小企業診断士を選びます。

理由を簡潔に述べると、私が独立開業を検討しているということもありますが、①人脈の広げやすさ、②開業初期の実績のつくりやすさ、③様々な依頼に応じることができる間口の広さがこの資格にはあると思うからです。

 

キャリアアップや独立を検討している人はぜひ一度、受講を検討してみてください。




 

起業・副業の最新記事8件