フリーランス仕事の探し方と取り方

 

 

フリーランスにとって大事なのが仕事の探し方と取り方。

いくら実力があったとしても、仕事の探し方と取り方がわからなければフリーランスとしてやっていくことはできません。

この記事ではフリーランスにおすすめの仕事の探し方・取り方を紹介します。

 




 

 

1.おすすめするフリーランスの仕事の探し方・取り方

 

昔に比べてフリーランスが仕事の基盤を作りやすい環境になったのはたしかだよね。

 
 

そのぶんフリーランス同士で競合することも増えたので喜んでばかりはいられないよ。

 

 

最近では、求人サイトでフリーランスの仕事を探す方法が増えてきています。

また、仕事をうまく探せても取り方が上手でなければ失注してしまいます。

関連:フリーランスになるために知っておくべきこと

 

①人材紹介会社を活用する

フリーランスの人材紹介会社は最近かなり増えていて、仕事の案件数も増加の一途をたどっています。

そんな背景もあり、人材紹介会社を使っても案件をとることができます。

仕事もフリーランスの人材紹介にはたくさんあるので、ここからたくさんお仕事をもらえる可能性があります。

オススメのサービスは下記2つ。

フリーランスや副業を始めたい方は登録してみることをおすすめします。

― Workship

― プロの副業

 

②クラウドソーシングを使う

ランサーズやクラウドソーシングはたくさんの仕事募集が出ています。

その中の仕事に募集して、仕事を取ることができます。

頑張っていると、本格的な仕事によってはいい案件を貰えるようになる場合もあり、そうなると食い扶持に困らなくなります。

ただし登録しているフリーランスも多く、1つの案件に沢山のフリーランスが応募してくるなど競争が激しいです。

数あるフリーランスから自分を選んでもらうためにも他のフリーランスとの差別化を図る必要があります。

 

③友人からの紹介

まずは友人を頼ってみましょう。

ただ、闇雲に会いに行くのではなく、ビジネスの世界で活躍をしていて人脈がある人や、人を雇う権限があるひとなどお金の匂いがする人に会いに行きましょう。

紹介経由での仕事のほうが、いい仕事である確率が高いです。

フリーランスには人脈が必要で、人脈があれば仕事を探さなくとも仕事を取ることができます。

 

④wantedlyで探す

wantedlyにはたくさんの求人情報があり、その中には「社会人・委託契約バイト」の求人情報もあります。

社会人、委託契約バイトはフリーランスを雇いたいもしくは、雇ってもいいという求人なのでこの求人に応募をすれば仕事を取ることができます。

もちろん、落とされることもありますが。wantedlyに掲載されている企業は、情報感度が高く将来有望の企業が多数掲載されています。

 

⑤サンカクで探す

サンカクでもフリーランスの仕事を探せます。

サンカクはリクルートキャリアが運営しているサービスで、ディスカッションなどを通じて成長企業に参画をすることができます。

基本的に最初は企業が悩んでいる内容についてディスカッションをしていきますが、ディスカッションをうまくすることができれば、そのまま仕事を依頼されることがあります。

僕も1社ほどサンカク経由で仕事を取ることに成功しました。

仕事を取ることもできますし、相手の悩みを乗るのだけでも成長したりするので、けっこう面白いと思います。

 

⑥yentaを使う

yentaは人工知能でマッチングさせるビジネスマッチングアプリで多くのビジネスマンや経営者が利用しているサービスです。

このyentaを経営者が採用目的で使っていたりします。

また、マッチングするときにはあなたの経歴を相手が見ることができるので、あなたのスキルを求めてディスカッションにつながったりします。

そうなると、自然と仕事の獲得につながったりするので、効率的に仕事を取れたりします。

yentaでフリーランスが仕事を取るケースはよくあるので、ぜひ一度使ってみてください。

 

⑦仕事の幅を広げる

仕事の幅を広げるのも仕事の取り方の一つです。

高いレベルのスキルを持っているのはフリーランスで仕事を取る上で重要ですが、それより大事なのが仕事の幅です。

仕事の幅が広いというのは、発注者からするとかなり楽です。

もしあなたができる仕事が限られていれば、新たにフリーランスや外注業者を探さないといけません。

探した後もマネジメントや管理コストがかかってしまうので、かなり面倒です。

また、仕事を依頼する企業話はフリーランスを使うかどうか判断する時に、「使えそうか」「使えなさそうか」の2つでしか判断しません。

必要以上にスキルを身につけたところで仕事の取れる確率は上がりませんし、そもそも仕事を依頼する側はどれだけできるのかよくわかりません。




 

⑧フリーランス仲間を作る

フリーランス仲間も仕事を取る上に重要になってきます。

先ほど仕事の幅が重要だと言いましたが、フリーランス仲間がいればチームを作り一緒に仕事を受注することが可能になります。

この時に重要になるのが、自分が持っていないスキルを持っている近い領域のフリーランス仲間を作ること。

SNSマーケティングが得意なのであればSEOが得意なフリーランス仲間を作る。

コンテンツマーケティングが得意なのであれば、フリーライターの仲間を作る。

フリーランス仲間を作ることによって今まで自分が受けられなかった仕事も取れるようになります。

 

⑨地道にメルアポ

フリーランスの仕事の取り方・探し方最後がメルアポ。

メルアポはメールとアポイントの頭文字を取ったもので、メールを送ってアポイントを取得して仕事を獲得します。

フリーランスは調子がいいときはメルアポなどの営業活動は必要ないのですが、不運が続くと仕事がなくなってしまいます。

その時には、新しい仕事を取りに行く必要があり、その際にはメルアポなどの新規営業が必要になってきます。

メルアポはテレアポのような大変さもないですし、電話をガチャ切りされることもないので精神的に疲弊するのが少ないのが特徴です。

営業も得意になればフリーランスとしては無敵なので、メルアポのような新規営業から仕事を取れるようになりたいですね。

 

以上、参考にしてみてください。




起業・副業の最新記事8件