【フリーランス】仕事が取れない理由3つ

 

フリーランスになってみたけど、仕事って意外と取れないものですよね。

仕事が取れても、不運が重なり仕事がない・・・なんてことも。

この記事では仕事がなくて不安なフリーランス向けに仕事がない理由と仕事がないときにやるべきことをご紹介します。

 




 

 

1.フリーランスになっても仕事がない理由

まず最初に、なぜ仕事がないのか原因を考えてみましょう。

関連:フリーランス仕事の探し方と取り方

 

 ①市場価値の高いスキルを持っていない

フリーランスは基本的には市場価値の高いスキルを持っていないと、外部から仕事をもらうことはできません。

というのも企業は基本的にまず最初に自社でまかなうことか他の企業への外注を考えます。

その後、対応できる人材が社内にいない→外注先も良いところが見つからない(またはコストが見合わない)といった時にフリーランスへの依頼を考えるのが一般的です(更にその後、フリーランス同士を比較して受注先を決めることになります)。

 

もともとフリーランスが受注できるチャンスは非常に限られているのね。

 

 

この時、受注機会をアップさせるにはニーズのあるスキルを備えておくこと、そのスキルを企業または他のフリーランスに負けないくらい磨いておくことが必須になります。

もし、市場ニーズの低いスキルしか持っていないのであれば、まずはニーズのあるスキルを身につけることから始めましょう。

 

②知り合いが少ない

上述のとおり、フリーランスがまったくの外部から仕事を得られる機会は非常に少ないです。

なので基本的には周囲の仲間から紹介を受け、仕事を得る形がメインの受注手段となります。

そこから仕事の実績を積み、信頼関係を築き、またさらに仕事を紹介してもらうことで案件を増やして行きます。

フリーランスで知り合いがほとんどいない人はいくらいい仕事ができても紹介してもらえないので、仕事が舞い込んでくることはありません。

まずは積極的に仲間作りをしましょう。

 

 

③信頼できない

フリーランスであるかを問わず、お金を稼いで生きていく上で最も大事なのが信頼できる能力です。

仕事を発注する側がいつも感じているのは不安です。

適当に仕事をやるかもしれないし、途中で消えるかもしれない・・・しっかりやってくれも結果が出ないかもしれない。

企業側はフリーランスに仕事を依頼するときには、大きな不安を抱えています。

信頼されるには仕事をこなす能力が十分あること示すことも当然必要ですが、それ以上に、コミュニケーションができるかどうかが重要です。

依頼者が抱いている不安を取り除くような話し方や立ち振る舞いがフリーランスに求めれる能力になります。

仕事のスキルだけ磨いていれば成功するわけではないということです。

 




 

 

2.仕事がないフリーランスがやるべきこと

仕事がないフリーランスはたくさんの人に会ったり、経験を積むために低い報酬でも仕事を引き受けることをおすすめします。

 

①市場価値の高いスキルを身に付ける

 

競争が激しい世界なので差別化できるスキルを身につけましょう。

 

 

先ほどもご紹介したが市場価値の高いスキルを持っていないと他のフリーランスに仕事を奪われてしまいます。

今から市場価値の高いスキルを身につけるのであれば、プログラミング(エンジニア)かライターがおすすめです。

エンジニアは大変ですが人手不足ですし、ライターも足りていない企業が多いので、もちろん本人次第ですが高収入を狙えます。

 

②人と会うようにする

2つ目が人と会うようにすること。フリーランスの多くは仕事を紹介でもらうので、知り合いを増やすために人と会うことが重要になります。

人とたくさんあっていると意外なところから仕事をお願いされたりするので、まずは人と会う数を増やしましょう。

また、今すぐ仕事が欲しいのであれば決裁権を持っている人と会ってください。

 

③報酬が低くても引き受ける

報酬が低くても引き受けましょう。

実績がなかったり、信頼できな人に大きな額を支払うことに企業は渋るケースが多々ありますし、担当者を説得できても社内の稟議が通らない場合があります。

なので、仕事がないフリーランスは報酬を低くして、「とりあえず試しに仕事を頼んでみるか」と思わせることが大事です。

そこで、実績を残すことができたら、自分の実績をアピールすることができるので、仕事の受注に繋がります。

 

注意しないといけないことは低い報酬のまま受け続けること。

低い報酬のまま受け続けていると収入は増えていかないですし、他の仕事の受注の妨げになるケースもあります。

仕事を始めるときに、結果を出したら報酬をあげてくださいと、その後のことについても事前に協議しましょう。

相手にもよりますがそう言っておくことによって、報酬上がるケースが多いです。

 

④SNSで発信する

SNSで情報を発信していくことによって、仕事をもらえるケースがあります。

たとえばFacebook。Twitterはフォロワーをたくさん増やせれば、かなりの数の仕事が舞い込んでくることになりますが時間がかかります。

Facebookは自分の知っている人がたくさん見てくれるSNSなので、タイミングのいい投稿をすれば仕事に繋がります。

情報発信しないとそもそもあなたがフリーランスなのかも、どんな仕事をやっているのかも分かりません。

活動日記程度でいいので日々情報発信をしてみましょう。

 

 

今回は以上です。

やれることから取り組んで仕事をゲットしましょう。

起業・副業の最新記事8件