初心者のSEO対策|必ずしておくべき10の基本!

 

ブログやサイトを運営していく際に何より大事になるのは

『いかに検索で上位表示させることができ、アクセスを集めることができるのか』ということですよね。

 

その上位表示を実現するために何より重要なのが、SEO対策。

これをしているといないでは検索順位に大きく差が出てきます。

 

ブログやサイトでアフィリエイトやリスト取りをするのであれば、避けては通れない道です。

しっかり基本を押さえておきましょう。

 

今回は、まずブログ運営を開始して間もない方が初めに取り組むべき「内部SEO対策」に焦点を当てていきます。




内部SEO対策

ブログを運営していく場合に心がけるべきことはいかに「人」のために記事をかけるかどうかです。

 

しかし、人にとって価値のある記事を書いたとしても、検索エンジンに評価されなければ意味がないわけで、自分の記事を正しく評価してもらうためにすべきことが内部SEO対策になります。

 

つまり、検索ユーザーにとって価値のあるコンテンツが第一であり、その上で、そのコンテンツを評価してもらうための内部対策も欠かせないというわけです。

 

今回紹介するSEO対策はコンテンツSEOではなく、検索エンジンに評価してもらうために最低限しておくべき基本的な内部対策になりますので、全て欠かさず取り入れていきましょう。

 

①キーワード選定

SEO対策でもっとも重要になるのが、このキーワード選定になります。

キーワード選定というのはブログやサイトで上位表示を狙いたいキーワードを決めて、それに合わせて記事を書いていくことです

このキーワード選定では、ある程度検索が予想されるキーワードであり、かつ競合サイトやブログが弱いキーワードを狙っていく必要があるわけですね。

 

 

②記事タイトル左にキーワードを

キーワード選定で決めたキーワードをタイトルに入れるのですが、その際に必ず左側に入れるようにしましょう。

検索エンジンはタイトルの左側にあるキーワードの方を重要視する傾向にあるからです。

上位表示を狙うキーワードを左に入れつつ、クリックしたくなるようなタイトルをつけることが望ましいでしょう。




③見出しにキーワードを入れる

SEO対策として、タイトルだけではなく「h3」や「h4」といった見出しタグにもキーワードを入れていきましょう。

見出しタグは本文中よりもクローラーに強調されるため、見出しにもキーワードを入れておくことでSEOの効果を高めることができます。

ただし、キーワードの詰め込みすぎは逆効果になりますので、注意してくださいね。

 

 

 

④SEO最適化されたテンプレートを使う

SEO対策ではブログやサイトのhtml構造が非常に重要になるのですが、知識がない人にとっては何もわからないでしょう。

そのため、html構造を学ぶというよりはSEOに特化したWordPressのテンプレートを使用することをおすすめします。

 

 

 

⑤パーマリンクの設定

パーマリンクというのは個別の記事1つ1つにつけられるURLのことですが、これもSEO対策をすることで効果を発揮することができます。

理想的なパーマリンクは長すぎず、短すぎないものであり、かつURLを見ただけで、ページの内容が分かるものです。

難しいように感じますが、狙うべきキーワードを英語にしたり、数字を付け加えるだけで対策できますので取り組んでみてください。

このサイトでは数多くの記事を入れた段階でしたので、変更していませんが、ブログ構築初期であれば、URLを個別に設定していく方がいいでしょう。

 

 

 

⑥記事の更新頻度を気にかける

ブログやサイトを作った時に記事の更新頻度もSEOに大きく影響してきます。

アクセスが集まるようになれば、1週間に1回の更新でも問題ありませんが、最初の構築し始めた当初ではできるだけ毎日更新し続けるようにしましょう。

ブログを作ったら毎日1記事を3ヶ月継続すれば、アクセスも徐々に上がってくるので、それまでは継続してください。

 

 

 

⑦キーワード出現率

ひと昔前までのSEOでは意図的にキーワードをページ内に詰め込んで上位表示できていました。

しかし、それでは悪質、低質なブログやサイトのページが溢れてしまったため、キーワードを多く詰め込みすぎるのはスパム判定されるようになってきました。

そのため、キーワードを詰め込みすぎることなく、狙っているキーワード出現率5%以内に押さえておくようにしましょう。

 

 

 

⑧記事を読みやすくすること

Googleの理念では検索ユーザーにとって価値のあるページを上位表示させると言われており、その中の1つに「記事の読みやすさ」が挙げられます。

記事が読みやすければ自然とユーザーはじっくり文章を読んでくれ、滞在時間や直帰率も改善されていくため、SEOにも効果があるわけですね

 

 

 

⑨評価して欲しくないページはnoindex

ブログやサイトが公開しているページで低品質なものがあれば、そのブログやサイトでの評価も下がってしまいます。

そのため、Googleに評価されたくない低品質なコンテンツはnoindexでクローラーがこないようにしておきましょう。

特にカテゴリーページは2ページ目以降が重複コンテンツになりがちですので、「2ページ目以降をnoindex」の設定にしておくといいでしょう。

noindexの設定に関しては「all in one SEO」のプラグインを導入していれば、そこから設定をすることができます。




ページの表示速度を上げる

ページの表示速度が遅ければ、それだけでユーザーが離脱してしまうことがあるため、できるだけ表示速度を上げておくことが重要になります。

ページ速度をあげるために、画像を圧縮したりキャッシュのクリア等を行いましょう。

 

 

 

おわりに

SEO対策の基本的な施策を10個ご紹介いたしましたが、アフィリエイトやリスト取りのためにブログを運営するのであれば、これくらいは最低限でもしておきましょう。

 

 

SEOの最新記事8件