サイトアフィリエイト入門

 

サイトアフィリエイトはとても稼ぎやすいアフィリエイトで、人によっては月100万も簡単に達成できます。

当記事では、サイトアフィリエイトのやり方を体系的にまとめてみたいと思います。

 

サイトを作るまでにどういった準備をしていけばいいのか、実際にどうやって作っていけばいいのかということを詳細に紹介していきます。

 

 

サイトアフィリエイトの定義と仕組み

サイトアフィリエイトとは、文字通り「サイトを作ってアフィリエイトをすること」です。

「テーマ性を持って作られたページ」と言えばいいでしょうか。

特化サイトを作って商品を売っていく感じです。

こうして同じ話題の記事で固めてテーマ性を高くしてあげると、ユーザーがサイトを使いやすくなりますし、売上も上がりやすくなりますし、SEO的にも有利に働く部分もあります。




サイトは必ず独自ドメインで|無料ブログはNG

サイト作成は独自ドメイン(自分専用のドメイン)で行います。

無料ブログでサイトアフィリエイトをしてしまうと、ブログ側が出す広告が邪魔になったり、最悪の場合はサイトが消されるリスクさえあります。

そのため、独自ドメインを取得して自分専用のサイトを作るのです。

たとえば、エックスサーバー/エックスドメイン/WordPressを使って独自ドメインのサイトを作るのが基本形です。

 

エックスサーバー:安定感抜群の高品質サーバー
エックスドメイン:エックスサーバーと相性が良い
WordPress:みんな使ってるサイト制作ソフト

 

この3つを揃えれば誰でも簡単にサイトをつくれます。

サーバー/ドメインは他にも選択肢がありますが、品質的にはエックスサーバー/エックスドメインが無難です。

半日もあれば、サイト開設までは誰でも簡単にできてしまいます。

 

サイトアフィリエイトの集客方法

サイトアフィリエイトの集客は基本的に「お悩みキーワード」で行います。

ターゲットユーザーが悩んでいること(ニーズ)をサジェスト検索/関連キーワード検索などからリサーチして、その悩みをタイトルに含ませて集客するのです。

例えば「これからアフィリエイトを始めたい」という悩みを持つ人を集客したいなら、「アフィリエイト 始め方」といったキーワードを記事タイトルに含ませるべきですね。

そうすることで、検索エンジンでは「アフィリエイト 始め方」で上位表示しやすくなりますし、アフィリエイトを始めたい人を呼んでくることができます。

 

このように、ユーザーのニーズを捉え、お悩みキーワードで引っ張ってくる形でサイトに集客してきます。

ではマネタイズはどうするのかを次に話しましょう!




サイトアフィリエイトの収入源はASP広告

 

サイトアフィリエイトでは主に成果報酬型広告(ASP広告)が収益源となります。

僕の場合はメインに売る商品をズバリ1つ決めてしまって、その商品をASP広告経由にどんどん売っていく形をとりますね。

こうやっておすすめ商品を明確化することで、ユーザーとしても安心して買いやすくなり成約率はグッと高くなります。

もちろん、比較記事で他の商品を紹介することもありますし、サイトが大きくなれば記事ごとに別商品を推奨することは普通にありますが、最初はメイン商品を1つだけに絞るのは十分ありです。

ユーザビリティが高くなりますし、あまり多くに手を出すのは最初は失敗の元になりやすいでからね。

なお、この成果報酬型広告というのは以下のASPから取ってくるのが基本です。

それぞれのASPに得意分野があり、A社では扱っていない商品もB社では扱っていたりします。

また、報酬単価が異なる場合だってありますので、しっかりこれらのASPで内容を比較した上で、広告を選ぶようにしましょう。




アフィリエイトの最新記事8件