運用実績【トライオート/ループイフダン/THEO】(2019年7~10月)

 

こんにちは!Soです!

 

以前に「トラリピ以外の運用状況についても報告していきます!」とか言いながらほとんど出来ていませんでした( ´ω`;)

なので今回はトライオートETF、ループイフダン、THEOの投資開始からこれまでの4ヶ月間の実績と利回りをまとめて報告しようと思います!

 

 

1.運用状況サマリー

公開する投資対象の運用期間と投資額は下記のとおり。

 

①トライオートETF

運用期間:2019/7~2019/10

現投資額:300,000円

 

②ループイフダン

運用期間:2019/7~2019/10

現投資額:300,000円

 

③THEO

運用期間:2019/7~2019/10

現投資額:50,000円

 

この3つの投資の利益と運用利回りはこうなりました。

 

言い訳も含めて個別に説明しますね_:(‘ω’ 」∠):_

 

 

2.トライオートETFについて

まずはじめに、トライオートETFはうまく運用すれば年利10~15%以上を期待できる投資手法です。

市況次第ではそれ以上(トラリピ以上)の利益も期待できます。

それにも関らず利回りが低い状態にあるのには理由があります。

 ・8月前後の市況が現在の発注設定に合っておらず、売買が成立しづらかった

 ・発注設定の調整を怠っていた

 ・証拠金維持率1000%以上の低リスク投資をしていた

 ・積立運用をまだ本格的に進めていない

 

要するにあまりトライオートETFに時間を割くことが出来ず(ほぼ放置)、このような結果になりました。。。

「トラリピと比較すると毎月安定した利益を出しづらいかな」と感じたことも影響したかとは思います。

 

爆発的な利益を出せる可能性はあるけども毎月安定的に一定の利益を出すのは難しい(または労力がかかる)というのが今のところのトライオートETFに対する印象です。

 

また、ETF投資は景気が回復・上昇するタイミングではうまく機能しますが、停滞・下降するタイミングでは中々思うような成果を上げられない面があります。

現在の市況は後者になるので、利益が伸びないのは仕方ないかなとも思います。

 

 

3.ループイフダンについて

こちらも証拠金維持率1000%以上の低リスク運用です(現在は1200%)。

ほぼ完全な放置状態の運用ですが、予想以上に売買が成立しており、かつ利益が出ているなという印象です。

 

利回りは6~7%くらい達成できればいいかなと思っていましたがそこも超えてきましたので、もっと真剣に勉強して取り組めばこちらも容易に10%以上で安定運用出来そうです。

 

ただ、取引画面が個人的には少し使いづらいです。シンプルすぎて。

 

それから同じFX運用サービスであるトラリピの運用がずば抜けて成功しているので、ループイフダンを深掘りするメリットがあまりないというのもあります。

今後もほそぼそと運用し、元本30万で運用する場合の最適な運用ロジックを追求します。

 

 

4.THEOについて

投資元本1万円から開始して毎月1~2万円を積立運用しています。

他の投資手段とちがってTHEOでは時間をかけて長期目線での投資を心がけてます。

その結果、利益は小さいですが利回りを高い水準で維持することができました!

THEOについては上記の戦略が狙い以上の結果を出しているので成功と言えるでしょう。

 

資産組み換えなどのメンテナンスもTHEO側でやってくれるのでこちらサイドはほぼ完全放置なのですが順調です。

引き続きドルコスト平均法の基本のとおりに運用します。

 

トライオートETFも積立運用を積極化すれば収益性が改善されるのかもなぁ( ̄― ̄)

 

 

以上、今のところの投資実績を紹介しました。

 

それぞれ得意な市況が異なるので個別に戦略を考える必要があったり、利益を出すタイミングがちがったり、運用しているといろいろな気づきを得られて面白いですね。

引き続き運用実績を積み上げて皆さんに還元していきたいと思います!

 

ちなみに、トラリピの同期間の利回りはトライオート、ループイフダン、THEOを上回っています。

トラリピ独自の強みによる部分もあるし、投資額を大きくするほど収益性を高めやすいというのもあるでしょう(トラリピは1000万以上で運用中)。

 

しかし利回りを大きく変える要因と言うのは、やはり時間をかけて勉強してインプットとアウトプットを繰り返したかどうかによる、ということなんでしょうね☆

 

当たり前の結論に行きついたところで今回の報告は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました!