1万円から始められる資産運用ロボアドバイザー!|THEO

今回は、人気ロボアドバイザーの『THEO(テオ)』について解説していきます。

THEOの最大の魅力は、1万円から始められる気軽さ。

さらに2019年4月より手数料の引き下げを始め、手数料を最大”0.65%まで引き下げています。

今一番ホットなロボアドバイザーと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

1.ロボアドバイザーって何?

 

 

ろぼあどばいざーをわかりやすく説明せよ。

 
 

最適な運用を人の代わりに考え実行してくれる新しい資産運用の形のことだよ(なぜ命令口調なのか…)。

 

 

まずは動画でTHEOのことを知りましょう!

投資は常に冷静に相場を見極め、感情に左右されずに判断を行うことが必要になりますが、この点、人はどうしても感情に左右されてしまいがちです。

 

損失が拡大しているのに「いつか上がる」と希望的観測だけで運用を続けて損切りのタイミングを失ったり、一時的な暴落時にあわてて売却した後、やってきた値上がりチャンスを逃してしまったり等々。

多くの方が経験があるんじゃないでしょうか。

 

この点、ロボアドバイザーは常に冷静に投資判断を行えるという強みがあります。

 

賢い頭脳を持ったロボットが人のかわりに最適な運用を考え、提案してくれる資産運用の形です。

アメリカでは10年ほど前から流行し、日本でも数年前より注目され始めました。

日本のロボアドバイザー市場は物凄い勢いで拡大しており、2020年までに5兆円に達するのではと言われています。

関連記事>>知らなきゃ損する!|ロボアドバイザー投資

 




 

2.THEO(テオ)ってどんなサービス?

THEOは日本初の独自開発のロボアドバイザーによる個人向け投資一任運用サービスです(提供主体:株式会社お金のデザイン)。

 

サービス開始が2016年の2月と、国内ロボアドバイザーのなかでは一番早くスタートしました。

利用者の資産額などの情報に基づき、約40種類のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し運用してくれます。

ETFについてはこちら

 

3.THEOのサービス内容と特徴

 

特徴①:最低投資額が1万円!

他のロボアドバイザーは最低投資額を10万円としている所が多い中、THEOは1万円から始められます。

これが何よりのメリットですね。

 

試しにロボアドバイザーを…という人にはTHEOが向いているでしょう。

⇒始めてみよう!ロボアド投資のTHEO

 

特徴②:年間手数料は最安の0.65~1.00%!

2019年7月から新料金体系に変わり業界最安値となっています

(3000万円以上は年0.5%)。

その他の手数料も0円と無料。

シンプルで分かりやすく、コストパフォーンマンスも優れていますね。

 

 

【補足:THEO Color Paletteについて】

「THEO Color Palette(テオ カラーパレット)」は、長期的な資産形成を後押しすることを狙いとし、通常年率1.0%の手数料を、最大0.65%まで引き下げます。

残高(入出金額)と積立実績により、手数料が下がるという嬉しいサービスです。

このテオ カラーパレットは従来のTHEOだけでなく、提携企業との協業ブランド THEO+[テオプラス]にも7月から導入されました。

 

  • ホワイト:1.00%
  • ブルー :0.90%(残高1万円以上)
  • グリーン:0.80%(残高50万円以上)
  • イエロー:0.70%(残高100万円以上)
  • レッド :0.65%(残高1,000万円以上)

THEO Color Palette

 

特徴③:投資ポートフォリオが豊富!

THEOの投資対象は世界86の国・地域にわたります。

約40種類のETFを通じて、個別株や債券、不動産、金・原油など11,000種類以上の銘柄に投資をすることができます。

もちろん投資対象が多ければ良いというわけではないですが、分散投資が気軽にできるのは良いですよね。

また運用商品も、株や債券、不動産などに分けており、リスクヘッジがされています。

 

 

特徴④:毎月のリバランスが自動で無料!

 

THEOはリバランス(ポートフォリオの組み換え)を、自動で月に一度行ってくれます。

ユーザーとしてはほったらかしでOK。

まさにロボアドバイザーの醍醐味です。

なお、THEOにはスマホアプリがあり、日々の運用確認を手軽に行うことができます。

操作画面が洗練されており非常に見やすいです。

 

4.THEO利用上の注意点

注意①:利益を生みだすには積立投資を行うことが必須

 

 

 

THEOではドルコスト平均法の考えに基づく長期分散投資が基本の戦略となります。

 

 

定期的に同じ額を投資し続ければ、「高値のときは少ししか買わず、安値のときは多く買う」ことになります。

結果として取得平均単価を安定させることができ、大きなリスクを負わずに利益追求に集中することができます。

要は、積立を行うことが利益の獲得にもリスクの低減にも非常に重要だということです。

 

 

この点はトラリピ(FX自動売買)とかと考え方が違うね。
しょっぱなに大金を突っ込んだりしないほうが良さそう。

 

 

株と同じようにETFの価格は上下動しますが長期的に見れば価格を上昇させていく商品です。

この上昇値動きを長期の目線で追いかけていく姿勢が必要になります。

(なお、ETFは株より価格変動が少ないローリスクの商品であるため、短期的には利益を期待しないほうが賢明です)

 

注意②:出金可能額に制限あり

THEOは最低投資額が1万円から始められますが、口座残高に10万円残る範囲でしか出金できないようです。

全額を引き出そうと思ったら口座解約をする必要があります。

すぐに出金予定が無いなら特段問題無いかと思いますが、いざという時にすぐ引き出せる方が良いのでこれはネックですね。

出金を自由にしたい方には、ウェルスナビをおすすめします。

 

注意③:元本割れのリスクはある

どのような投資でもそうですがもちろん元本割れのリスクがあります。

ポートフォリオの分散投資や、月1のリバランスなどでリスク回避を行っておりますが、マイナスになる可能性も頭に入れておきましょう。

 

注意④:NISAの利用が不可

THEOは、NISA(少額投資非課税)非対応のようです。

ただこれは、他のロボアドバイザーでも同じです。