【2020年6月】トラリピの運用実績報告!~様子見ムード~

トラリピで2000万円を運用し、月平均25万円以上の不労所得を得ています。

現在8通貨ペア運用中(トルコリラ、メキシコペソは対象外)です。

 

今回は2020年6月のトラリピ運用結果を報告します。

↓トラリピって何?って方はコチラ

今月の運用結果~様子見ムード~

実績はご覧のとおり。

★2020年6月実績★

・運用総額  : 22,437,082円(実レバレッジ3.0倍)
・単月利益  : +476,889円(単月ベース26%/年)
・累計利益  :+2,913,971円(累計ベース11%/年)

そーすけ
6月1週だけはどの通貨も大きく動いたね。1週だけ。
そーたろ
6月2週以降はレンジ中央付近で停滞ぎみでまったく利益出ず。海外は日本以上にコロナの第二波を不安視していますね。

 

1週目の変動はものすごく、今月はたった3日で月の目標である25万円を達成してしまいました。
このまま更に+1か月分の利益を狙えるんじゃないかと期待したんですが、その後は一気に停滞ムードに突入。
おとなしく株式運用にシフトして小遣いを稼いでました。

株のほうも為替ほどではないのですが過熱感がなくなってきてます。
4~5月の時より為替が円高傾向にあるのでなかなか上を目指しにくいのでしょう。

バイオ銘柄も一時の盛り上がりがなくなり徐々にチキンレースが始まっています。
それでもまだ個人投資家がお金を持て余している感じはあり、大したことのないニュースリリースでも大勢が反応して買いが一気に増えたりしています。ちょっと危険ですね。

株はあまり多くを狙おうとせず、小遣い程度の利益をかすめ取る戦略で継続していきます。

トラリピのほうは設定見直しを進めトラップ本数を0.1円幅に戻しました。今の停滞状態からトレンドが動き出せば一気に利益が出る見込みです。
稼ぎ頭はカナダドルとユーロ。どちらかというとカナダドルに重点を置いた運用としていますが、ユーロは停滞気味の時期でも注文と決済が繰り返されており非常にありがたい存在です。
カナダドルに比べ割高なのがネックですがポジション増やそうかな。

 

関連:【2020年5月】トラリピの運用実績報告!~復調の兆し!~

マネースクエア_カナダドル

 

 

 

ひきつづきみなさんとコロナ危機を乗り越えて利益を積み上げていきたいと思います。

 

がんばりましょう!

 

 

マネースクエア ポケトラアプリ用

 

 

↓ トラリピ先駆者として著名なあっきんさんと鈴さんが書籍を出版しました!

 

↓ トラリピの魅力がわかりやすく書かれてますので興味のある方はぜひ!!