ブログ運営基礎知識|Whois情報を学ぼう!

これからサイト作成やブログ運営をしよう!と思っている人に”必ず”気をつけておいて欲しいことがあります。

それが、“Whois情報は代理公開になっているか?”です。

これを知らないまま、Web制作やブログを続けていると、あなたの個人情報が全世界に向けて漏れているかもしれません。

 

個人情報を公開したくない場合は「Whois情報の代理公開」を、必ずお願いするようにしましょうね!

Whois情報の代理公開をすれば、あなたの情報が公開されることはありません。

でも、そもそもWhois情報が分からない。

Whois情報の代理公開の方法が分からない。

そういう人も多いと思うので、そもそも「Whois情報」とは何かを解説していきます。

 

 

Whois情報とは

ドメインの取得の際に必ず出てくる言葉が、「Whois情報」です。

このWhois情報というものは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスのことです。

つまりは、Web上の”戸籍謄本”のようなものです。それを役所に保存しておいて、閲覧可能にしているってことです!




Whoisで提供される情報

この「Whois」で提供される、つまり公開しなければいけない情報は以下の通りです。

⑴登録ドメイン名
⑵レジストラ名
⑶登録ドメイン名のプライマリおよびセカンダリネームサーバ
⑷ドメイン名の登録年月日
⑸ドメイン名の有効期限
⑹ドメイン名登録者の名前および住所
⑺技術的な連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号
⑻登録に関する連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号

 

つまりは、ドメインの取得した人(あなた)の“本名”や“住所”、“電話番号”などを、公開しなければいけないということなんです。

ドメインを取得して、Webサイトを運営したい!でも、個人情報は公開したくない!そう思う人は多いと思います。

 

そこで、私達が知っておくべきなのが、「Whois情報の代理公開」です。

ちなみに、「Whois情報」は下記のようなサービスで、調べることが可能です。

自分のサイトの「Whois情報」がどうなっているのかを、一度調べてみるといいですね。

WHOISサービス

 

 

「Whois情報の代理公開」をすれば個人情報が外に出ない

「Whois情報」が、かなりの個人情報を含んでいることが、分かってもらえたと思います。

でも、やっぱり個人情報を全世界に向けて公開するのは、ちょっとためらいますよね…。

そんな迷える子羊の為にあるサービスが「Whois情報の代理公開」です。

 

 

「Whois情報の代理公開」とは

この「Whois情報の代理公開」とは、読んで字のごとく、あなたの「Whois情報」を企業が代理公開してくれるサービスです。

もう少し分かりやすく書くと、先程紹介した情報⑴~⑻が、そっくりそのまま企業の名前を貸してくれるということです。

例えば、ムームードメインに「Whois情報の代理公開」をすると、登録ドメイン名が「ムームードメイン(みたいに)」となります。

ですので、基本的には「Whois情報」は、代理公開をしてもらうことが一般的です。

個人情報をさらけ出すなんて、リスキー過ぎますからね。




「Whois情報」の代理公開はドメイン取得時にできる

この「Whois情報の代理公開」は、ドメインを取得の際に、そのドメインを購入したサービスで対応をしてくれます。

ですので、ドメイン取得の際には「Whois情報」を代理公開するにチェックを入れるようにしましょう。

 

ただし、全てのドメインが「Whois情報の代理公開」に対応している訳ではありません。

ここは各ドメインサービスによって違いますので、各自調べることをおすすめします。

 

 

まとめ

・「Whois情報」はWeb戸籍謄本!
・代理公開しないと個人情報ダダ漏れ。
・ドメイン取得の際には「Whois情報を代理公開」しよう!

 

ドメイン取得の際に、「Whois情報」がどうたら〜と書いてあると思います。

これは、あなたの個人情報を含んでいることが、お分かりいただけたと思います。

安易に個人情報を公開するのは、危険極まりないですよね。

ですので、「Whois情報の代理公開」を必ず使うようにしましょう。




雑記の最新記事8件